2015年06月19日

潮来の花嫁さん…

ここのところ、局地的な大雨が続いていますね。
一昨日、カムイ地方も雷と大雨にみまわれました。


そして…
今日も、午前中から降ったりやんだり…
朝は、降ってなかったんだけどなぁ〜



そんな一昨日のこと…
予定を済ませた親父と、茨城方面へ行って来ました。

行きの高速でも、時折雨に降られながらとなってしまいましたが
まずは、潮来へ向かいました。

現在、潮来市の水郷潮来あやめ園で「あやめまつり」が開催されているのです。
まつり期間は、5月23日〜6月28日までの37日間だそう。
私は、このまつりのことは知らなかったのですが…
どこからか、親父が情報を仕入れてきて、急きょ行ってみることになったのでしたexclamation

P1050373.JPG

正直、まつり期間も終わりに近づき、あやめもそろそろおしまい〜
と言う感はぬぐえませんが…
約500種100万もの株が、早咲きのものから遅咲きのものへと
移り変わり、来場者を楽しませてくれているのだそうです。

P1050399.JPG

P1050406.JPG

P1050391.JPG

P1050405.JPG

P1050407.JPG

P1050408.JPG

潮来のあやめの紹介.jpg

また、会場内を流れる前川では「嫁入り舟」が、まつり期間中の水・土・日曜日に行われるそうです。
   水曜日…11時〜
   土曜日…11時〜・14時〜・19時30分〜(宵の嫁入り舟)
   日曜日…11時〜・14時〜

この嫁入り舟、まつり期間中に行われるものなので
それこそ、役者さんがイベントの一環として行うものなのかと思いきや…
(私が、勝手にそう思っていた…
潮来市が、一般の結婚される方を募集し、
当然のことながら、毎回違う方が舟に乗り
そして、観客が見守る中ゆっくりと手漕ぎの舟で行なうのだそうです。



           潮来市のホームページより  
嫁入り舟はあやめ園内のろ舟乗り場から運航します。
まず、「潮来花嫁さん」の記念碑前に到着後、船頭・仲人と共に花嫁は園路を歩き、舟は出航となります。
花婿が潮来市の縁結びの噴水スポット「WAiWAiファンタジア」に待っていることもあり祝福ムードいっぱいになります。
                      ※天候により中止の場合があります。
                  


この日は、水曜日だったので一回だけ行われる嫁入り舟…
ゆっくりの出発でしたが、11時前には会場に到着できたので
カメラを構え、見ることができました。
とは言え、会場に着くまで、イベントの内容がよくわかっていなかった私…
親父が、「11時に舟が出るから・・・。」とか何とか言っていたのですが
どうせ、例によって…助手席に乗ってりゃ目的地に着くから
と、深く考えていなかったのでした。
望遠レンズ持ってくりゃ良かった…と、思っても後の祭り。

時間になり、白無垢の花嫁さんが入場…
とおーーく中央に、ちっさく写っているんだけど、花嫁さん分かりませんよね
P1050380.JPG

P1050385.JPG

P1050387.JPG

花嫁さん、とっても綺麗でした。
観客の「おめでとーう」の掛け声に、花嫁さんは会釈しつつ…
私達の目の前をゆっくり通り過ぎていきました。
歳のせいなのでしょうかねぇ〜何となく感動し、ウルッときちゃいました。
潮来の花嫁さん…幸せになってもらいたいものです


嫁入り舟を見送った後は、、川の周りを散策…
潮来にて.JPG

P1050402.JPG

P1050397.JPG




そして食事をし、次は「鹿島神宮」へと向かいました。

          開運の神社 パワースポットより  
●関東の東を護る、強力な開運パワーを持つ神社
鹿島神宮は、常陸国(茨城県)の一宮。約600社ある鹿島神社の総本社で、関東最古の神社です。香取神宮とペアで関東の東を護っています。
創建は初代神武天皇が即位した紀元前660年。つまり、日本の皇紀と同じ創建2,673年(!)で、日本の歴史とともに現在に至る、古社中の古社です。
「神宮」と名のつく神社は今ではいくつもありますが、平安時代から伊勢の他に神宮と呼ばれたのは、鹿島神宮と香取神宮だけ。別格の格式を持ちます。
                           



P1050414.JPG

P1050420.JPG

P1050422.JPG

鹿島神宮にて.JPG

P1050449.JPG

昨年末に、箱根に行った際、箱根神社にもありました。茅の輪くぐり。
鹿島神宮(2)にて.JPG
茅の輪のくぐり方の説明がありました。
最初、左に回り、次に右に回り、最後に左に回り正面へ
ちゃんと、回ってみましたよ。
P1050427.JPG

木々に囲まれた参道をゆっくり進むと、途中「鹿島」と言うだけあって
途中、鹿園がありました。
P1050439.JPG

また、2週間前に産まれたばかりと言う小鹿もいました。
鹿園の前に売店があり、鹿用の人参が売っていて
親父が、購入し鹿達にあげました。
鹿達も、良く分かっていて…売店で人参を買うと
何もしなくても、ここに寄ってきて我先にと口を出してきました。
P1050433.JPG

P1050434.JPG


可愛い鹿達に癒され、参道を歩きます。
樹齢どれくらいになるのでしょうねぇ〜
P1050440.JPG

ほんの少し歩くと「奥宮」があり、ここでも参拝。
P1050441.JPG


鹿島と言えば、サッカーの鹿島アントラーズの本拠地
途中に大きなサーカーボールのオブジェもありましたねぇー。


そして、鹿島神宮を後にした私達…
次に向かったのは、親父の知人宅
親父の趣味の物づくりの、きっかけともなった方のお宅です。
以前は、カムイ地方にお住まいだったのですが
4人のお子さん達が、それぞれ独立したこともあり
数年前に、茨城へお引越しをされたのです。

引っ越して間もない頃、一度伺ったことがあるのですが
しばらく連絡も取っていなかったので、今回茨城へ行くことになり
急でしたが、ご連絡しお邪魔することにしたのでした。

3階建ての立派なお宅の屋上からは、霞ヶ浦を一望することができるのです。
この日伺った時は、曇っていたのではっきり見ることはできませんでしたが
それでも、薄っすら望むことはできました。

写真、奥の方が霞ヶ浦になります。
今度は、晴れている時に見てみたいものですね。
園部宅屋上からの霞ヶ浦.jpg



やはり、この時期のお出かけは雨がつきもの
梅雨なのですから、仕方ない… ですよねぇ〜


次のお出かけの時は、晴れるといいなぁ〜
いつになるか、分かりませんけどね




posted by カムイ母 at 13:24| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
元気印の お二人様で フットワーク良いのよね!今年の北海道計画は?
歌の歌詞では 有名な潮来の花嫁。菖蒲が見事だったでしょうね・
此方は 夫婦で整形通いで 笑えます。
更年期障害は何もなく通過したのですが 今は老年期障害!!
久々 都会に行って翌日は1日 めまいで寝込んでしまい凹んでます。
気温・気圧の変化に過敏反応の老体だわさ。
ブログ観光で 行った気分になれるのは 楽しいわぁ〜〜。
Posted by どら at 2015年06月19日 21:26
未だに ♪ 潮来花嫁さんが・・・実際にあるのね。
その場に立ち会えて幸せでしたね。

梅雨もなんのその! ご夫婦でお出かけを楽しめるなんて ・・・
私も観光楽しませてもらっています。

どらさん! 大丈夫ですか? 
Posted by 紅 ママ at 2015年06月20日 14:02
☆どらさんへ

実は、人事異動でこの4月から親父の勤務体制が変わり
日勤となってしまったので、月〜金の毎日勤務となりました。
なので、以前のように平日あちこち出かけることができなくなってしまいました(>_<)
この日は、用事がありお休みをもらい…用足しをしてからのお出かけとなりました。

そんなこともあり…
今年は、今のところ旅行・ツーリングの予定はないんですぅ〜(^_^;)
北海道は、とりあえずほぼ一周できたので、ひとまずおしまいですかねぇ〜。
娘と一緒に3人で、走りたいとは思うんですけどね(*^^)v

年を重ねてくると…あちこちメンテナンスが必要となりますよね…。
親父も私も、少しづつガタが出始めたように思います。
これから、上手に付き合っていかねばならないのでしょうねぇ〜(^_^;)

どらさんご夫婦も、働き過ぎず動き過ぎず…無理せず、過ごしてくださいませね!
Posted by カムイ母 at 2015年06月20日 19:52
☆紅ママさんへ

潮来の花嫁さん…このあやめまつりに合わせ、復活したようですね。
始まる前に、新郎新婦等の紹介の放送がありました。
こんな風流(?)な、結婚式もいいですねぇ〜(^O^)

久々のお出かけとなりましたが…
また、親父の休日と重ね、どこかへお出かけしたいと思います。
次は…いずこへ〜!?
Posted by カムイ母 at 2015年06月20日 19:56
花菖蒲の名所ですものね。きれいです。
そして「潮来の花嫁さん」。
「白無垢・角隠し」と正統派の姿で最高ですね。
多くの人に祝福されて嬉しいでしょうね。
カメラマンも多いのでしょう。
近ければ私も撮影に行きたいくらいです。
こうしたイベントでは本当の新郎新婦様を募集しますよね。
記念になるから応募者も多いのでしょうね。
Posted by フーカママ at 2015年06月22日 18:31
☆フーカママさんへ

潮来のあやめ園ご存知でしたか…!? さすが!

私は、今回行ってみて知ったような…(^_^;)
まだまだ、身近で知らない所がいっぱいです(-_-;)

ここしばらく、結婚式にお呼ばれすることもないので…
花嫁さんも、見ないですよねぇ〜
フーカママさんは、お仕事で見る…と言うより関わることが多いですものね!
素敵なお仕事です(*^^)v

日本古来の、こういった結婚もいいですね。

そうですね…きっと、応募するカップルも多いでしょうねぇー
たって、素敵な思い出になりますものね!
Posted by カムイ母 at 2015年06月22日 22:31
カムイ母様の 記事の中では絵文字は使えるのね.
ふん! コメ欄も使えたら良いのにぃ==! ね〜〜っ!
行ってみたくなりましたね。
潮来花嫁さん 船でぇ〜いいくぅ〜〜! の時は、雨は降っていなかったのね? 良かったわね。
この鹿島神社って、 例の油がまかれた神社かしら?
鹿ちゃん達は 柵の中にいるのね。 奈良とちがうんだ〜。
柵の中の方が良いな〜〜。 ちょっと恐いんだもん。突っつくからさ。
Posted by BB at 2015年06月24日 15:39
☆BBさんへ

そうなんですよぉ〜
記事の書き込みする際には、絵文字が使用できるのですが…
皆様がコメを書き込んでくださる欄には、絵文字がないのですよねぇー(-_-;)
利用できるようになると、楽しいのになぁ〜♪

高速を走っている時が、一番降られ…
幸いなことに、観光等をしている時には降られなかったんですぅヽ(^o^)丿

油がまかれたかどうか…リサーチ不足でして・・・わっかりましぇーーん(^_^;)

鹿島神宮の鹿ちゃん達は、柵の中でしたので
なので…つんつんされることは、ありませんでしたぁーー!
BBさん、どちらの鹿ちゃんにつんつんされたのですか?
Posted by カムイ母 at 2015年06月25日 11:11
潮来のあやめ園に行かれたのですね。
東京に住んでいるときに一度霞ヶ浦に行ったことがあります。
そのときはあやめの時期ではなかったので潮来には行きませんでしたが、
100万株とは恐れ入りました。
花嫁さんも大勢の人に見守られて緊張するでしょうが、
いっぱいおめでとうを言ってもらえて記念になりますね。
倉敷にも美観地区で瀬戸の花嫁川舟流しというのがあるんですよ。
美観地区を流れる川を白無垢の花嫁さんが周りの観光客に
見守られながら渡し舟に乗っていきます。

鹿島神宮、見るからに格式高そう〜。
奥宮は一見伊勢神宮(外宮)かと思いました。
似てますよね?

茅の輪くぐり、3回くぐらないといけなかったのですね(^_^;)
今度あったら覚えておきます☆



Posted by yumin at 2015年06月26日 14:57
☆ yuminさんへ

霞ヶ浦には、行かれたことがありましたかぁ〜!?
私は、知人宅の屋上から見ただけです…(^_^;)
近くまで行ったことはないんですぅ〜。

もう少し、早い時期でしたらもっと見事なあやめの数々だったのだと思いますが…
100万株にも驚きでしたが、500種と言うのもすごいですよね(@_@;)
どこに、そんなにあるの…?って感じです。

美観地区…確かに川が流れていました。
あの川でも、舟での花嫁さん…やっているんですね!?
潮来のように、あやめの季節だけ…と限らずにやっているのですか?
伝統のある、結婚の儀式(?) こんな時代だからこそ、いいですねぇ〜(^O^)

そうなんですよぉ〜私も、伊勢神宮にちょっと似てるな…と思いました。
茅の輪くぐり…ちゃんと、くぐり方があったんですね。
箱根神社には、くぐり方の説明なんて書いてなかったですもんね!?
Posted by カムイ母 at 2015年06月27日 20:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。